登山やキャンプに関する情報をお届けします♪

2020年3月の六甲全山縦走に軽アイゼンは必要?服装や行動食についても解説

2020/02/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

こんにちは!キーボーです。

 

今年も兵庫県勤労者山岳連盟(兵庫労山)主催の六甲全山縦走大会が3月に開催されます。

六甲全山縦走と言えば、東は須磨浦公園から西の宝塚までおよそ50kmもの道のりを歩き続けるイベントです。

ハイキング気分で参加してしまうと後悔してしまいますよ♪

長時間、山道を歩くわけですから、体力はもちろん、装備も完走するための重要なポイントになります。

 

今回は、私が3月に開催された六甲全山縦走大会に参加した時の装備や行動食についてご紹介します。

3月の六甲全山縦走に軽アイゼンは必要?

以前、私が3月の六甲全山縦走に参加した時は軽アイゼンは持参しませんでした。

山道には雪は全くありませんでした。

ここ、数年、3月の六甲山(神戸市北区)では雪は降っていないようです(降っても積もらない)。

むしろ、気温も高めのような気がします。

 

ただし、一度寒波が来ると積雪の恐れもあります。

大会当日の天気予報や山道の積雪には注視して、必要な場合は軽アイゼンを持参しましょう。

3月の六甲全山縦走の服装について

3月は最低気温と最高気温の差が大きい月といえるでしょう。

早朝は0度付近であっても、昼ごろの最高気温は20度近くになることも。

こういった温度変化にも対応できる服装が必要となってきます。

また、雨天決行ですので、雨対策も万全にしないといけません。

 

それでは服装について解説していきます。

肌着(アンダーウエア)

行動中はたくさん汗をかきます。

汗冷えしないように、肌着は吸水速乾に優れた素材(化学繊維)のものを着ましょう。

一般的に綿(コットン)の肌着は、汗で濡れると乾きが遅いので、登山には向いていません。

行動着

行動着は動きやすく、濡れてもすぐに乾く素材のものを着用します。

コットンのスエットやジーパンは登山には向いていません。

上着は外気温によって体温調整がしやすい薄手の衣類を重ね着するといいですね。

レインウェア(カッパ)

レインウェアは登山装備において必ず必要な装備です。

必ず、上下で用意してください。

レインウェアは雨を防ぐのはもちろん、ウインドブレーカーとしても使います。

汗をかいて風を受けると、体を冷やしてしまいますので。

防寒着

天候によってはかなり気温の低い時もあります。

また、日が暮れると一気に気温が下がりますので、防寒着は必ず持参しましょう。

おすすめは、フリースです。

化繊綿の入った薄手のジャケットもいいですね。

軽量でコンパクトになるダウンもいいのですが、ダウンは湿気に弱く、水に濡れると保温性がなくなるので注意しましょう。

六甲全山縦走の行動食について

50kmもの道のりを歩くわけですから、その消費するエネルギーもかなりの量になります。

人間は、エネルギーを多く消費すると、体が動かなくなります。

ハンガーノックというものですが、車に例えるとガス欠です。

ハンガーノックの症状には、思考能力の低下や眠気などがあります。

 

ハンガーノックにならないために、朝食を取ってくるのは当然ですが、行動中も少しずつエネルギーを補給します。

高カロリーのジェルや羊羹、チョコレートなどがお勧めです。

おにぎりもいいのですが、荷物としてはかさばりますし、痛んでしまうかもしれません。

また、筋肉疲労回復などの効果が期待できるアミノ酸の補給もお勧めです。

兵庫労山の六甲全山縦走大会

今年も兵庫県勤労者山岳連盟(兵庫労山)主催の六甲全山縦走大会が2020年3月8日(日)に開催されます。

今年で54回目となる、大変歴史のあるイベントです。

前回の参加者は、全縦走870名、西コース231名、東コース441名でした。

完走率は悪天候のため出走者ベースで79%、参加申込者ベースで56%と低い結果でした。

全縦走ともなると体力的にはもちろんのこと、精神的にもダメージの大きい大会です。

完走を目指すなら、日頃から体を鍛えておく必要がありますね。

 

参加申し込み案内はこちら

 

六甲全山縦走のコースタイム

私が3年前に兵庫労働山主催の六甲全山縦走大会に参加した時の完走証です。

スタートの須磨浦公園で受付をしたのが6時55分。

ゴールの塩尾寺下広場が19時56分。

およそ、13時間かかっています

このタイムは、ほとんど休憩もせず、黙々と歩いての記録です。

もっと早いタイムでゴールする方もいると思いますが、大体12時間から14時間ぐらいかなと思います。

ちなみに、本大会はランニング大会ではありません。

トレランのスタイルで参加するのはいいですが、決して走らないこと

登山者が多いので、接触や転倒の原因になります。

最後に

今回は3月に開催される六甲全山縦走大会について私の経験に基づき、服装や行動食、軽アイゼンの必要性を解説しました。

とにかく、体力的にダメージの大きい大会です。

しかし、それだけ完走した時の達成感は半端ないものになります。

また、ゴールの宝塚で頂けるぜんざいは体にしみます。

これだけでも頑張る価値はあるでしょう♪

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またお会いしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アウトドアかわら版 , 2020 All Rights Reserved.