登山やキャンプに関する情報をお届けします♪

【平昌オリンピック】極寒のスポーツ観戦に着るべき服装とは?

2018/10/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

こんにちは!キーボーです。

いよいよ平昌オリンピックですね!

私はオリンピックが大好きでよく観戦をします。

もちろんテレビでですが、何か?笑

-10℃以下にもなる平昌でオリンピックを観戦するとなるとそれなりの服装を用意する必要があります。

-10℃にもなると普通にペットボトルの水が凍る温度ですよね。

そのような環境でスポーツ観戦するって考えただけでも凍りそうです。

というか危険ですよね。

そのような冬の屋外で快適にスポーツ観戦が出来る服装について考えてみたいと思います。

Sponsored Link

肌着

まずは肌着。

最近では発熱素材等の高機能で暖かい肌着が多くありますが、屋外でのスポーツ観戦時ではこのような保温性の高い肌着を着る必要があります。

快適性を左右するのも肌着次第と言っても過言ではありません。

肌着の素材としてウール、化学繊維、コットン(綿)、シルクなどがありますが、極寒の屋外でのスポーツ観戦はウールがおすすめです。

ウールは保温性の高い素材です。

また、汗などで湿気を帯びても冷たくなりにくいという特徴も持っています。

ウールでも素材の厚さも大事ですので、ここでは厚手のタイプを選びましょう。

中間着

中間着は外気温度に応じて重ね着をしましょう。

ここでも大事なのは素材です。

フリースや化繊綿入りの薄手のジャケットなどがおすすめです

場合によってはどちらも着ることがあります。

あまり行動を伴わないスポーツ観戦ならダウンジャケットを中間着として着るのもいいですね。

もちろん、パンツの中間着もフリースやダウンパンツを履くことが必要です。

Sponsored Link

アウター

屋外で観戦するなら防水性のあるジャケット、パンツがいいでしょう。

雪が降る中での観戦もありますからね。

このような環境では動きやすい登山用やスノースポーツ用のウエアがおすすめです。

冬山登山用のジャケットやパンツには中綿入りや一枚地のものがあり、基本どちらの使用でも問題はありませんが、環境に応じて中間着の重ね着で調整をしましょう。

ブーツ

足元も冬用のブーツを選びましょう。

冬用のブーツは保温材が入っているので暖かく過ごす事ができます。

また、ブーツのソールには雪道でも滑り難く出来ているので安心して歩行ができます。

靴下も厚手のウール素材がおすすめです。

靴下二枚履きは足の血行を悪くする恐れがあるのであまりおすすめできません。

暖かアイテム

その他に手袋、マフラー、ニット帽は必需品です。

このアイテムを疎かにすると快適なスポーツ観戦ができません。

見た目は怪しくなりますがバラクラバ(目出し帽)もおすすめです。

しっかりと防寒対策をしましょう。

サングラス

結構忘れがちなのが目の保護です。

晴天の雪上では目のダメージが大きいのです。

目が長時間、雪上の反射する光を受け続けると雪目になります。

雪目とはいわゆる目の日焼けです。

目が充血したり、ゴロゴロした症状が出ます。

こうならないためにもサングラスで目を守りましょう。

最後に

今回は極寒のスポーツ観戦の服装について考えてみました。

頑張っている選手を生で応援したいって方はしっかり防寒した服装で観戦を楽しんでくださいね♪

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またお会いしましょう。

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アウトドアかわら版 , 2018 All Rights Reserved.