登山やキャンプに関する情報をお届けします♪

カメラのレンズの捨て方や正しい処分方法|分別方法や何ゴミになるのか解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

こんにちは!キーボーです。

 

使わなくなったカメラのレンズの処分を考えている方はいませんか?

また、壊れたレンズの処分に悩んでいる方もいるでしょう。

 

こちらの記事では、不要になったカメラのレンズの捨て方やそれ以外の処分方法について解説します。

カメラのレンズの処分方法

いらなくなったカメラのレンズの処分方法として

✅ゴミとして捨てる

ネットオークションやネットフリマに出品する

専門の買取業者に売る

などがあります。

それではそれぞれの方法を解説します。

カメラのレンズをゴミとして処分する

ではカメラのレンズは何ゴミとして出せばいいのでしょうか。

 

一般的に、カメラのレンズは燃えないゴミとして処分します

多くのレンズはガラスが使われているので、袋には「キケン」と書いておきましょう。

 

ゴミの分別が分からなければ、お住みの自治体に問い合わせましょう。

 

ネットオークションやフリマアプリに出品する

カメラのレンズの使用上に問題なければ、ネットオークションやフリマアプリに出品する方法があります。

状態が良ければ高値で取引されることもあります。

送料や搬送方法はチェックしておきましょう。

カメラのレンズを買取業者に売る

不要になったカメラのレンズを査定・買取をする専門業者にお願いします。

ネットオークションやフリマアプリと違って、買取成立が高めです♪

また、出品手数料などもかかりませんからね。

 

買取業者に依頼する方法では、面倒な手間がなく、買取までの手続きが簡単です。

売りたいアイテムを梱包して送って、あとは査定額の連絡を待つだけです。

それではおすすめの買取業社をご紹介します。

 

写屋


 

全スタッフが遺品整理士の買取専門店です。

遺品のデジタルカメラもしっかりと査定してくれます。

査定料や出張料は無料。

カメラのほかに、三脚やカメラ用品も買取をしています。

 

>>>写屋でカメラの買取を依頼する

ジャンク品カメラ買取ジャパン


 

壊れたカメラやレンズの処分に困っている方もおられるのでは?

修理となると高額なるケースもありますし、壊れているので買い取ってもらえないですよね。

そのような方にこちらの買取専門店はおすすめです。

送料や支払い手数料などの費用は掛からないので安心して申し込めます。

 

>>>壊れたカメラが売れるんです!当店なら…【ジャンク品カメラ買取ドットコム】

リサイクルネット


 

ネットオークションやフリマアプリの相場での買取に挑戦する買取業者です。

フリマなどサービスでは、出品手数料などの手数料がかかってしまいます。

その手数料を差し引いた分(約10%)を相場として価格を決めています。

ネットオークションやフリマアプリでの売買の手間を考えると、断然こちらの方が楽チンです。

面倒な手続きが苦手な方はおすすめです♪

 

>>>カメラ買取【リサイクルネット】

最後に

今回はカメラのレンズの処分方法について解説しました。

カメラのレンズをゴミとして処分する場合、一般的に燃えないゴミとして分別ができます。

 

処分方法が分からない場合は、自治体に問い合わせましょう。


また、使用上問題なければネットオークションやフリマアプリで出品する方法もあります。

出品する場合は送料などもチェックしておきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またお会いしましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アウトドアかわら版 , 2020 All Rights Reserved.