登山やキャンプに関する情報をお届けします♪

モンベルの最強ダウンはどれ?暖かさを決める3つのポイントとは

2019/08/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

こんにちは!キーボーです。

 

寒くなると重宝するのがダウンジャケットです。

その中でもモンベルのダウンジャケットって軽くて暖かいですよね。

しかもコストパフォーマンスが高い!

でもいろいろ種類があってよくわからないところもあります。

今回はダウンジャケットの暖かさを決める3つのポイントと私個人の見解を交えてモンベルの最強ダウンを決定しますw

よかったら今年のダウンジャケット選びの参考にしてくださいね♪

ダウンの暖かさを決める3つのポイント

使用前提はタウンユース、冬の観光地とします。

ダウンの品質

一つ目のポイントはダウンの品質です。

ダウンには品質を表す、フィルパワー(FP)という単位があります。

フィルパワーは羽毛1オンス(28.4g)当たりの膨らみ度合いを立法インチ(2.54cm立法)で示しています。

例えば、700FPとは1オンスの羽毛が700立法インチの体積に膨らむという意味になります。

それだけたくさんの空気を蓄えることができるということですね。

 

数値が高いほど高品質とされ、一般的に700FP以上のものを高品質ダウンとされています。

モンベルでは800FP以上のダウン商品が多く、中でも、900FP、1000FPは保温性、軽量性に優れています。

 

プラスマ1000アルパインダウン パーカ Men’s  ¥38,000+税

【1000FP】

【平均重量 236g】

出典:モンベルHP

 

プラスマ1000アルパインダウン パーカ Women’s  ¥37,000+税

【1000FP】

【平均重量 221g】

出典:モンベルHP

 

アルチプラノダウン パーカ  ¥30,000+税

【900FP】

【平均重量 360g】

出典:モンベルHP

ダウンの量

二つ目のポイントはダウンの量です。

高品質なダウンを使用していても、羽毛の量を減らし、軽量コンパクトにしている商品もあります。

やはり暖かいのは羽毛の量が多く、たくさんの空気を蓄えることができるものと考えます。

 

ベンティスカダウンジャケット  ¥26,800+税

【800FP】

【平均重量 767g】

出典:モンベルHP

 

アルパイン ダウンパーカ Men’s  ¥18,500+税

【800FP】

【平均重量 414g】

出典:モンベルHP

 

アルパイン ダウンパーカ Women’s  ¥17,500+税

【800FP】

【平均重量 372g】

出典:モンベルHP

使われている素材

三つ目のポイントはジャケットに使われている素材です。

高品質な羽毛が入っていても、風を通しちゃうと結構寒く感じることがあります。

一般的なダウンジャケットは風を通してしまいます。

また、羽毛は湿気に弱く、ダウンジャケットが雨などに濡れると、一気に保温性はなくなります。

そこで、風も通しにくく、水にも強い、ウィンドストッパーを使用した商品がコレです。

2019年秋冬のクロージングでは、ゴアテックス インフィニアムを採用したモデルも登場です。

 

パーフロスト ダウンパーカ  ¥27,800+税

【800FP】

【平均重量 558g】

【素材 表地:ゴアテックス インフィニアム ウィンドストッパー】

出典:モンベルHP

 

パーフロスト ライトダウンパーカ Men’s  ¥22,800+税

【800FP】

【平均重量 434g】

【素材 表地:ゴアテックス インフィニアム ウィンドストッパー】

出典:モンベルHP

 

パーフロスト ライトダウンパーカ Women’s  ¥21,000+税

【800FP】

【平均重量 378g】

【素材 表地:ゴアテックス インフィニアム ウィンドストッパー】

出典:モンベルHP

 

イグニスダウン パーカ Men’s  ¥33,000+税

【1000FP】

【平均重量 254g】

【素材 表地:ゴアテックス インフィニアム ウィンドストッパー】

出典:モンベルHP

 

イグニスダウン パーカ Women’s  ¥31,000+税

【1000FP】

【平均重量 239g】

【素材 表地:ゴアテックス インフィニアム ウィンドストッパー】

出典:モンベルHP

モンベルの最強ダウンはこれ!

3つのポイントを踏まえ、タウンユースでの最強ダウンを個人的な意見を交えて勝手に選んでみたいと思います。

まず、保温性が高い商品となると、ベンティスカダウンジャケットになると思いますが、ちょっとボリューム感がありすぎます

例えば、ショッピングモール内では暑くて着れないでしょう(笑)

これは、パーマフロスト ダウンパーカも同じようなことが言えると思います。

ただ、厳寒地使用ならこれぐらいのダウンジャケットが必要になると思います。

 

では、1000FPのプラズマ1000アルパインダウンパーカはどうでしょうか。

こちらは、軽量に特化したモデルだと思います。

アウターにも使えますが、インナーにも使えるよう、羽毛の量を抑えています。

保温性と軽量性のいいとこ取りのようなダウンジャケットです。

ただ、冬の観光地などでのアウター使用では少し寒い場面があるかもしれません。

 

そこで、あらゆる場面で使えそうなダウンジャケットが、

アルチプラノ ダウンパーカ

アルパイン ダウンパーカ

パーマフロスト ライトダウンパーカ

イグニスダウン パーカ

と、なります。

そこで、私が勝手に選ぶモンベルの最強ダウンは・・・

 

ドゥルドゥル・・・・・(ドラムロール)

ジャン!

 

保温性、軽量性、素材、コスト面、使いやすさなどでトータルバランスのとれた

 

パーマフロスト ライトダウンパーカ

 

です。

 

素材に、ゴアテックス インフィニアム ウィンドストッパーを採用し、風を通さず、湿気は放出するので蒸れにくい商品です。

逆に言えば、ジャケット内の暖かい空気を外に逃さないということです。

そしてスッキリとしたデザインがいいですね。

機能的に見てもコストパフォーマンスは高いと思います。

 

暖かいダウンジャケットが欲しいけど、ボリューム感は抑えたいという方にはおすすめのです。

最後に

モンベルのダウンジャケットは機能的に優れたものが多く、種類も多いので選ぶのを悩んでしまいます。

こういう時はショップに出向いて、スタッフに用途や予算を伝えると親切におすすめの一着を案内してくれますよ〜♪

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またお会いしましょう。

関連記事:モンベル福袋2017の内容は?プラズマ1000ダウンは暖かくない?

関連記事:モンベルのダウンクリーナーでダウンジャケットを洗濯!仕上がりは?

この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アウトドアかわら版 , 2016 All Rights Reserved.