【東京卍リベンジャーズ】登場人物の使用バイクまとめ!メーカーや通称についても

アニメ

「東京卍リベンジャーズ」ではマイキーやドラケンなど魅力的な登場人物が多いですよね。

今回は、そのマイキー達が乗っているバイクに注目しました。

時代背景がタイムリープで過去にさかのぼっているので、今では絶版車として入手が難しいバイクも登場します。

バイク好きにはたまらないラインナップですよ。

 

こちらの記事では、「東京卍リベンジャーズ」の登場人物が使用するバイクを紹介します。

 

【東京卍リベンジャーズ】登場人物の使用バイクのメーカーや通称まとめ

キャラクター 使用バイク
佐野万次郎(マイキー) ホンダ・CB250T(通称バブ)
佐野万次郎(マイキー) ホンダ・Dio(愛称ホーク丸)
龍宮寺堅(ドラケン) カワサキ・ZEPHYR400
三ツ谷隆 スズキ・GSX400FS
林田春樹(ぱーちん) ホンダ・CBX400F
林良平(ぺーやん) カワサキ・Z400FX
場地圭介(バジ) スズキ・GSX250E(通称ゴキ)
羽宮一虎 カワサキ・KH400(通称ケッチ)
黒川イザナ ホンダ・CBR400F
乾青宗(イヌピー) ヤマハ・RZ350(通称ナナハンキラー)

佐野万次郎(マイキー):ホンダ・CB250T(通称バブ)

マイキーの愛機はホンダ・CB250T(通称バブ)です。

バブという愛称は、Tホーク系のノーマルマフラーの排気音が、「バーブー」と聞こえるところからだそうです。

 

佐野万次郎(マイキー):ホンダ・Dio(愛称ホーク丸)

マイキーはハブに乗る前は、ホンダ・Dioに乗っていました。

そのDioにCB250Tホークの憧れから、「CB250T(バブ)の50ccモデル”ホーク丸”」と名付けています。

龍宮寺堅(ドラケン):カワサキ・ZEPHYR400

ドラケンの愛機はカワサキ・ZEPHYR400です。

 

三ツ谷隆:スズキ・GSX400FS

三ツ谷隆の愛機はスズキ・GSX400FSです。

林田春樹(ぱーちん):ホンダ・CBX400F

パーちんの愛機はホンダ・CBX400Fです。

生産から30年以上も経っていますが、未だに高い人気を誇るCBX400F。

希少性もあり、中古車市場ではとんでもない値段が付くこともあります。

そのため、盗難されやすいバイクとして有名になっています。

 

バイク雑誌「Mr.Bike BG 12月号」でCBX400F、CBR400Fが特集されています。

林良平(ぺーやん):カワサキ・Z400FX

ぺーやんの愛機はカワサキ・Z400FXです。

中古車市場では価格が高騰しており、オリジナルに近いものだと500万円を超えるバイクもあるほどです。

場地圭介:スズキ・GSX250E(通称ゴキ)

場地圭介の愛機はスズキ・GSX250E(通称ゴキ)です。

”ゴキ”という愛称で親しまれているバイクですが、その由来は・・

バイクに跨って上からタンクを見るとのっぺりとしているところから呼ばれるようになりました。

”ゴキ”はあのゴキ○○ですw

 

羽宮一虎:カワサキ・KH400(通称ケッチ)

羽宮一虎の愛機はカワサキ・KH400(通称ケッチ)です。

”ケッチ”という愛称で親しまれているバイクです。

黒川イザナ:ホンダ・CBR400F

黒川イザナの愛機はホンダ・CBR400Fです。

バイク雑誌「Mr.Bike BG 12月号」でCBX400F、CBR400Fが特集されています。

乾青宗(イヌピー):ヤマハ・RZ350(通称ナナハンキラー)

イヌピーの愛機はヤマハ・RZ350(通称ナナハンキラー)です。

当時は大排気量のバイクを喰らうという意味から”ナナハンキラー”と呼ばれていました。

ちらみにRZ250は”ヨンヒャクキラー”と呼ばれています。

 

バイク雑誌「Mr.Bike BG 8月号」でRZ250が特集されています。

まとめ

【東京リベンジャーズ】登場人物の使用バイク

✅佐野万次郎(マイキー):ホンダ・CB250T(通称バブ)

✅龍宮寺堅(ドラケン):カワサキ・ZEPHYR400

✅三ツ谷隆:スズキ・GSX400FS

✅林田春樹(ぱーちん):ホンダ・CBX400F

✅林良平(ぺーやん):カワサキ・Z400FX

✅場地圭介:スズキ・GSX250E(通称ゴキ)

✅羽宮一虎:カワサキ・KH400(通称ケッチ)

✅黒川イザナ:ホンダ・CBR400F

✅乾青宗(イヌピー):ヤマハ・RZ350(通称ナナハンキラー)

今回紹介したバイクは新車では手に入れることが難しい、いわゆる”絶版車”と言われるものでなかなか程度のいい物を手に入れる事が難しくなっています。

中には希少性が高くプレミア価格になっているバイクもあります。

また、愛称で呼ばれているバイクもあり、親しみを感じますね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またお会いしましょう。

 

原作漫画をお得に読む方法を紹介!

 

TVアニメを見逃したのなら、こちらで無料で視聴する方法を紹介!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました