登山やキャンプに関する情報をお届けします♪

【ノースフェイス】マウンテンライトジャケットのサイズ感や着心地は?街着で使える?

2019/04/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

こんにちは!キーボーです。

 

今回はノースフェイスの人気アイテム『マウンテンライトジャケット』の商品レビューをお届けします。

今年は4色展開で発売されましたが、入手困難なカラーもあり、人気の高さが伺えます。

果たして、サイズ感や着心地はいかがなものでしょうか♪

マウンテンライトジャケットとは?

ノースフェイス定番のデザインを採用したゴアテックス2レイヤーの防水ジャケットです。

一般的な軽量のレインウエアとは違い、耐久性の高い70デニールナイロンを表生地に使用しているので、丈夫な作りの印象です。

やや長めの着丈で保温性を確保しているため、秋冬での着用がメインとなるでしょう。

滑りのいい裏地は重ね着がしやすい印象です。

 

腰や胴回り、フード周りにドローコードを設け、フィット感の調整も可能です。

 

内側にある専用ファスナーでインナーを連結できるジップインシステムに対応しています。

ノースフェイスにジップインシステムに対応しているライナーもありますが、他のメーカーでもジッパーが合えば装着できそうなので、一度試してみますね。

マウンテンライトジャケットのサイズ感

私は身長175cm、体重68kgで撫で肩。

普段、サイズはあまり考えずにMサイズをチョイスする事が多い私ですが、今回は少し悩みました(安い買い物ではないので^^;)

商品タグによるとMサイズは165~175、Lサイズは170~180となっています。

試着をするとMサイズはほぼジャストサイズで少し袖が短いかなと思うぐらいでした。

一方、Lサイズは大分ゆったりとした印象でした。袖も長めです。

 

そして今回私が選んだサイズはLサイズ。

普段ならMサイズを選ぶところでしたが、あえてLサイズに。

ゆったりと着れるLサイズですが、着方のアレンジが多く出来ないかなという思いからのLサイズチョイスでした。

マウンテンライトジャケットには腰と脇腹あたりに絞ることができるドローコードが装備されていて、コードの絞り方でジャケットを着た時の印象が変わります。

また、内側の専用ファスナーでインナーを連結できるジップインジップシステム対応なのでライナーを装着する機会を考えてのLサイズ選択でした。

マウンテンライトジャケットの着心地

70デニールナイロンを使用した耐久性の高い表生地です。

少しゴワゴワとした印象の素材ですが決して着心地が悪いわけではありません。

一般的なゴアテックスのレインウェアのようにナイロンっぽいパリパリとした素材感もありません。

滑りのいい裏地が使われているので、フリースなどの重ね着がしやすい印象です。

最後に

秋から冬にかけてのトレッキングやキャンプで使えるマウンテンライトジャケットですが、タウンユースでも当然使えます。

サイズ選びに悩むところですが、トレッキングやキャンプでの使用が多い方はジャケット下に着込む機会が多いので、ゆったり目のサイズを選んでみてもいいかもです。

最近ではあえてオーバーサイズをチョイスする傾向もあるようなので、自身にあった着こなしを楽しみましょう♪

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またお会いしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アウトドアかわら版 , 2018 All Rights Reserved.