登山やキャンプに関する情報をお届けします♪

クーラーボックスの捨て方や正しい処分方法|分別方法や何ゴミになるのか解説

2019/07/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

こんにちは!キーボーです。

 

キャンプやバーベキューで食材や飲み物を安全に保存し、運ぶことのできるクーラーボックス。

また、海釣りでも欠かせないアイテムです。

そんな、クーラーボックスですが、買い替えなどで使わなくなってしまって処分に困っている方はいませんか?

 

こちらの記事では、不要になったクーラーボックスの捨て方やそれ以外の処分方法について解説します。

クーラーボックスの処分方法

使わなくなったクーラーボックスをいざ処分しようとしても、素材の違いや大きいものもあり、処分に困るところです。

壊れていたり保温性が低下し機能が発揮できないのならゴミとして処分、使用上に問題がなければ欲しい人に使ってもらう(リユース)という方法があります。

 

クーラーボックスをゴミとして処分する

ではクーラーボックスは何ゴミとして出せばいいのでしょうか。

クーラーボックスにはステンレスなどの金属、プラスチック、ビニールなどの素材で作られています。

また、容量の違いにより大きさも様々です。

 

一般的に、クーラーボックスは粗大ゴミ(大型ゴミ)の扱いとなり、有料の回収となります

ただし、自治体によっては、指定のゴミ袋に入るのであれば、金属製は燃えないゴミ、プラスチックやビニールは燃えるゴミとして処分が可能です。

 

クーラーボックスの大きによってはゴミの分別が変わるケースがあるので、ゴミの分別が分からなければ、お住みの自治体に問い合わせましょう。

 

ネットオークションやフリマアプリに出品する

クーラーボックスの使用上に問題なければ、ネットオークションやフリマアプリに出品する方法があります。

キャンプのシーズン前や夏の海水浴シーズンには需要も多く、買い手も付きやすいですね。

 

キャンプ用品の買取業者に売る

不要になったキャンプ用品や登山用品を査定・買取をする専門業者にお願いします。

私が今回ご紹介するのが、登山用品やキャンプ用品の買取サービスのマウテンシティです。

ネットオークションやフリマアプリと違って、買取成立が高めです♪

 

マウンテンシティ

 

私も実際にマウテンシティにアウトドア用品を買い取ってもらいました。

私は梱包するための紙袋やダンボールを用意しただけで、

お金は一切かかっていません

買取価格も、一度外食に行けるぐらいにはなりました!

詳しい内容はこちら

マウンテンシティの買取の口コミ・評判!実際の買取価格と体験談を紹介!

 

マウテンシティでは無料査定申し込みフォームやLINEで査定額を事前に聞いて、納得した上で査定申し込みが可能です。

アウトドア好きの専門スタッフが価値を理解した上で査定します。

査定申し込み時に指定した日時に宅配業者が集荷しますので、それまでに梱包します。

ダンボールが無ければ、宅配用のダンボールや梱包用のプチプチも届けてくれまよ。

送料や査定は無料ですし、査定額に納得いかなかった場合のキャンセルも無料です。

 

 

最後に

今回はクーラーボックスの処分方法について解説しました。

概ね、クーラーボックスは粗大ゴミ(大型ゴミ)の扱いとなり、有料の回収となるでしょう。

また、指定のゴミ袋に入る場合は、燃えるゴミとして出せる場合もあるようです。

 

処分方法が分からない場合は、自治体に問い合わせましょう。

 

また、使用上問題なければネットオークションやフリマアプリで出品する方法もあります。

シーズン前に出品すると買い手が付きやすいですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またお会いしましょう。

マウンテンシティ

この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アウトドアかわら版 , 2019 All Rights Reserved.