登山やキャンプに関する情報をお届けします♪

テントやタープの正しい捨て方と処分方法!分別方法は燃えるゴミか粗大ゴミか

2019/10/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

こんにちは!キーボーです。

 

キャンプをしなくなった、壊れて使えなくなった、などの理由で使わなくなったテントやタープ。

処分するタイミングを逃してしまい、何年も押入れに置きっぱなしというのはよくある話です。

ただ、テントやタープっていざ処分しようとしても何ゴミかわからないですよね。

 

こちらの記事では、テントやタープの処分方法や、ゴミの分別についてお伝えします。

テントやタープの処分方法

テントやタープを処分する際、ゴミとして出すか、リユースするかに分かれると思います。

機能的に使用が不可能な場合は、ゴミとして処分になると思いますが、使用上問題なければ、リユースという方法もあります。

リユースとは再使用という意味です。

 

テントやタープをゴミとして処分する

テントやタープは何ゴミとして処分できるのでしょうか。

テントは本体以外にポールやフライシートもあります。

同様にタープもポールがセットのものがあります。

それでは分別について主な例をお伝えします。

 

テントやタープは燃えるゴミ?粗大ゴミ?

テントの分別は地域自治体によって違いがあり、テント本体の大きさや重さにも分別方法は変わるケースがあります。

概ね、テント本体やタープは燃えるゴミ(燃やせるゴミ)、ポールなどの金属パイプは燃えないゴミ(燃やさないゴミ)として分別します。

 

また、テントやタープは一式で粗大ゴミとして回収する自治体もあります。

粗大ゴミの出し方は事前の申し込みが必要で有料となります。

自治体にもよりますが、だいたい500円程度で回収してくれます。

ネットオークションやフリマアプリに出品する

テントやタープは粗大ゴミとして処分すると、処理費用がかかってしまいます。

そこで、ネットオークションやフリマアプリに出品される方も多いですね。

もし売れれば、お得に処分できますからね。

 

ネットオークションやフリマアプリのメリット

・ネットオークションでは思わぬ高値がつく場合がある。

・フリマアプリでは自分で売値を決めることができる。

 

ネットオークションやフリマアプリのデメリット

・状態が悪いと売れない場合がある。

・大型テントだと送料が高くなる。

 

キャンプ用品の買取業者に売る

不要になったキャンプ用品や登山用品を査定・買取をする専門業者にお願いします。

ネットオークションやフリマアプリと違って、買取成立が高めですなのが特徴です。

 

マウンテンシティ

マウンテンシティ

 

私も実際にマウンテンシティにアウトドア用品を買い取ってもらいました。

私は梱包するための紙袋やダンボールを用意しただけで、

お金は一切かかっていません

買取価格も、一度外食に行けるぐらいにはなりました!

詳しい内容はこちら

マウンテンシティの買取の口コミ・評判!実際の買取価格と体験談を紹介!

 

マウンテンシティでは無料査定申し込みフォームやLINEで査定額を事前に聞いて、納得した上で査定申し込みが可能です。

アウトドア好きの専門スタッフが価値を理解した上で査定します。

査定申し込み時に指定した日時に宅配業者が集荷しますので、それまでに梱包します。

ダンボールが無ければ、宅配用のダンボールや梱包用のプチプチも届けてくれまよ。

送料や査定は無料ですし、査定額に納得いかなかった場合のキャンセルも無料です。

 

 

GEAR HACK /ギアハック(旧:買うトドア)

 

 

 

GEAR HACK/ギアハック」は業界認知度No.1のアウトドア用品買取サービスのです。

*「GEAR HACK」は2019年8月5日にアウトドア用品買取サービスの「買うトドア」と統合しました。

 

「GEAR HACK」は国内最大級のアウトドアメディアである「CAMP HACK」「YAMA HACK」「TSURI HACK」を運営ししている会社です。

アウトドア好きなら一度は見たことのあるメディアですね。

 

商品の査定は、知識に富んだプロが在籍しており、安心して査定が依頼できます。

もちろん査定は無料!

お試しでもOKですし、キャンセル料もかからないので安心です。

 

 

最後に

今回はキャンプ用品のテントやタープの捨て方や処分方法について解説しました。

テントやパーツには複数のパーツがあり、それぞれゴミの分別が必要になるケースもあります。

また、自治体によっては「粗大ゴミ」の扱いになり、事前申し込み(有料)が必要となるケースもあります。

 

テントやタープをゴミとして処分する際は、それぞれの地域自治体のルールを守って出しましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またお会いしましょう。

マウンテンシティ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アウトドアかわら版 , 2019 All Rights Reserved.