登山やキャンプに関する情報をお届けします♪

キャンプ初心者必見!SOTOのダッチオーブンをおすすめする3つの理由とは?

2019/04/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

こんにちは!キーボーです。

 

キャンプをするのにいい季節になってきましたね〜^^

キャンプでの楽しみ方はたくさんありますが、中でも楽しみの一つが食事にですね。

食事をさらに豪華に演出してくれるのがダッチオーブンの存在ではないでしょうか。

しかし、ダッチオーブンってメンテナンスとか使い方とかちょっと面倒というイメージがありませんか?

今回は初心者の方にこそ使っていただきたいSOTO(ソト)のダッチオーブンのおすすめポイント3つをご紹介します♪

 

お手入れが簡単!

一般的なダッチオーブンはお手入れが大事です。

使用前に行うシーズニング(焼き慣らし)です。

シーズニングという一手間をかけて、ダッチオーブとして使用することができます。

使用後はきれいに洗って空焼きし、完全に水を飛ばしたら、全体に薄くオリーブオイルを塗っておきます。

このような手間をかけないとサビが発生してまいます。

一方、SOTOのダッチオーブンはステンレス製なので、普通のステンレス鍋と同じように使うことができます。

もちろん、シーズニングや使用後のサビ防止の油もいりません。

 

料理も簡単!

通常のダッチオーブンの料理はもちろんできますが、

SOTOのダッチオーブンではもっと簡単に料理をすることができます。

SOTOステンレスダッチオーブン10インチ専用のeMEAL(エミール)を使用します。

eMEALとは保冷保温の収納調理器具です。

使い方は簡単♪

短時間加熱したダッチオーブンをeMEALに入れてるだけです

 

eMEALの中はこんな感じです。

すっぽりと10インチダッチオーブンが入ります。

蓋をします。温度計も装備。

上蓋にはアクセサリー類も収納できます。

保温性が高いeMEALは余熱だけで調理をしてくれているのです。

ですので火の番も不要ですし、焦げ付きや煮崩れの心配もありません。



ミラー仕上げのダッチオーブン

使い込んだ黒々としたダッチオーブンも魅力ですが、鏡面仕上げの見た目に美しいダッチオーブンはいかがですか?

今回、SOTOから2017年秋冬限定企画として人気のステンレスダッチオーブンを鏡面(ミラー)仕上げをした逸品が数量限定で発売されます。

ダッチオーブンの本体、ふた、内部も鏡面(ミラー)仕上げを施しており、いい仕事してるな〜って感じです。

さすがMADE IN JAPAN!!

こちらは11月21日の発売になっています。

興味のある方は是非チェックしてみてくださいね♪



最後に

今回はSOTOのダッチオーブンをご紹介しました。

ダッチオーブンはやってみたいけどちょっと難しそうだな、と思っている方にはうってつけのアイテムだと思います。

お手入れも簡単ですし、便利な保温保温調理器(eMEAL)を使用するとキャンプでの時間も有効に使えます。

キャンプをより楽しくしてくれるアイテムとしていかがですか♪

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またお会いしましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アウトドアかわら版 , 2017 All Rights Reserved.