登山やキャンプに関する情報をお届けします♪

キャンプ登山用テントの買い替え時期とタイミングは?生地の劣化や寿命についても解説

2019/09/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

こんにちは!キーボーです。

 

キャンプや登山で使うテントの買い替えのタイミングはいつになるのでしょう。

キャンプ用品の中でも主役級の重要アイテムであるテントは買い替えも慎重になりますね。

こちらの記事では、キャンプ、登山用のテントの買い替え時期について解説します。

テントの買い替えの時期は?

テントの劣化や損傷

テントの買い替えのタイミングとして考えられるのが、テントの劣化です。

テントの使用頻度や保管方法にもよりますが、テントの生地が5年程度で紫外線劣化が起こると言われています。

また、加水分解もテントの劣化です。

加水分解とはテントの生地に防水加工に採用されているポリウレタンコーティングが水分と反応し、生地が劣化することをいいます。

このようなテントの劣化による不具合として考えられるのがテントの防水性の低下です。

テント本体の床や生地の防水性の低下があれば買い替えもしくは修理の検討ですね。


 

また、シームテープの剥がれも防水性の低下の原因です。

なお、シームテープのみの損傷ならテープ張り替えの修理が可能な場合があります。

 

ポールなどの損傷なども買い替えのタイミングと言えますが、テントの生地に使用上問題なければ、ポールは修理や交換が可能な場合があります。

また、ファスナーが壊れた場合も修理可能な場合がありますので購入店で相談してみましょう。

 

テントの大きさの変更

テントの大きさを変えるのも買い替えの時期と言えるでしょう。

テント内の圧迫感を解消や、家族が増えた場合も、テントの買い替えのタイミングですね。

ゆったりとした居住スペースは快適ですからね。

 

軽量性やコンパクト性を求めないのであれば、一つ大きめのサイズのテントをチョイスするのもありですよ。

例えば、キャンプやツーリングなどに人気のモンベル「ムーンライトテント」のサイズ展開ですと・・

1人での使用ならムーンライトテント2型。

モンベル ムーンライトテント2型

価格 ¥25,800+税

出典:モンベルHP

 

3人ならムーンライトテント5型。

モンベル ムーンライトテント5型

価格 ¥47,800+税

出典:モンベルHP

 

5人ならムーンライトテント7型。

モンベル ムーンライトテント7型

価格 ¥68,000+税

出典:モンベルHP

 

ちなみにですが、私は大人2人、犬2匹でムーンライトテント7型を使用してます。

5型と悩んだのですが、7型を選んで良かったと思っております。

テント室内にキャンプの荷物や犬用グッズを入れてもスペースに余裕があります。

犬たちも広々としたテントで満足そうです^^

新製品に買い替え

テントの新製品が発売されれば、やはり気になるものです。

物欲には勝てません・・・

しかし、そう簡単に高価なテントは買うこともできないのが現実です。

いくつもテントはいらないですし・・・

その場合は、今お持ちのテントを売って、それを資金にして新しいテントを買い替える方法もあります。

 

現在では、フリマアプリやネットオークションで不要になったものを売るのが主流ですが、

私が今回ご紹介するのが、登山用品やキャンプ用品の買取サービスのマウンテンシティです。

ネットオークションやフリマアプリと違って、買取成立が高めです♪

 

マウンテンシティ

 

マウンテンシティでは無料査定申し込みフォームやLINEで査定額を事前に聞いて、納得した上で査定申し込みが可能です。

アウトドア好きの専門スタッフが価値を理解した上で査定します。

査定申し込み時に指定した日時に宅配業者が集荷しますので、それまでに梱包します。

ダンボールが無ければ、宅配用のダンボールや梱包用のプチプチも届けてくれまよ。

送料や査定は無料ですし、査定額に納得いかなかった場合のキャンセルも無料です。

 

 

私も実際にマウンテンシティにアウトドア用品を買い取ってもらいました。

私は梱包するための紙袋やダンボールを用意しただけで、

お金は一切かかっていません

買取価格も、一度外食に行けるぐらいにはなりました!

詳しい内容はこちら

マウンテンシティの買取の口コミ・評判!実際の買取価格と体験談を紹介!

最後に

今回はキャンプや登山用のテントの買い替え時期について解説しました。

使用頻度や期間にもよりますが、テント自体にも寿命があります。

防水性の低下が著しい場合や、修復が不可能な場合は買い替えが必要ですね。

また、今お持ちのテントが十分使えるのだけど、買い替えを考えている場合は、今お持ちのテントを売って、購入資金にする方法もあります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またお会いしましょう。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アウトドアかわら版 , 2019 All Rights Reserved.