登山やキャンプに関する情報をお届けします♪

カナダのオーロラツアーで使いたいモンベルのおすすめアウターウェアは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

出典:Instagram

こんにちは!キーボーです。

 

観光や留学で多くの日本人が訪れるカナダ。

広大な国土のカナダは気候も様々あり、それに合わせた服装が大事になってきます。

今回は、カナダのオーロラツアーで使いたい暖かいおすすめアウターウェアをご紹介します。

カナダの気候

出典:外務省

 

広大な国土を持つカナダ。

面積は998.5万平方キロメートルあり、ロシアに次ぐ世界第2位の広さです。

日本の約27倍あるとか。

ピンとこないですけと^^;

出典:外務省

 

ここまで広いと、気候も様々あります。

西に位置するバンクーバーは夏はカラッとして過ごしやすく、冬は温暖で雨が多いです。

一方、東に位置する大都市のトロントやモントリオールは、夏は比較的蒸し暑く、冬は−10度まで下がることも。

オーロラ鑑賞

出典:Instagram

オーロラツアーで有名な都市がイエローナイフです。

カナダのノースウエスト準州の州都で、北極点からおよそ400km南に位置し、グレートスレーブ湖の北にある都市です。

オーロラシーズンは夏と冬がありますが、夏シーズンが8月中旬から9月下旬、冬シーズンは11月中旬から4月上旬です。

夏シーズンは東京の初冬ぐらいの気温ですが、冬シーズンは概ね−10度以下で、−30度以下になるのも珍しくありません。

ですので、冬シーズンのオーロラツアーは万全の寒さ対策が必要となってきます。

傘は使わない?

余談ですが、カナダにはあまり折りたたみ傘が売っていないみたいですね。

もともとカナダの人は雨が降っても傘をささないらしいのです。

ですので、撥水性が強いアウターや、防水性のあるアウターが重宝するのです。

おすすめアウターウェア

冬季のオーロラツアーのアウターウェアを、アウトドアブランドのモンベルで探してみましょう。

氷点下10度以下にもなる環境では相当な保温性を持つアウターウェアが必要となります。

ここでおすすめするのがダウン(羽毛)がたっぷりと封入されているジャケットです。

 

モンベル ポーラーダウンパーカ

価格 ¥36,500+税

出典:モンベルHP

 

ポーラーダウンパーカは800FP(フィルパワー)の超高品質ダウンをたっぷりと封入し、モンベルのダウンジャケットシリーズの中で群を抜いて保温性が高いものになります。

逆に言えば、普段使いには向いていないとも言えます。

完全に極寒地専用アウターとして考えたほうがいいですね。

以前、エベレストに関係する映画がありましたが、出演者はこのアウターを使用していましたね。

関連記事:山岳部部長の岡田准一が選ぶ登山装備とは?実はモンベル好き?

 

また、表地には強い撥水加工が施されているので、小雨程度でしたら難なく弾いてくれるでしょう。

最後に

今回ご紹介したアウターはモンベルのラインナップ中でも保温性がトップクラスです。

ただし、これで寒さ対策が万全というわけではありません。

イエローナイフは日本ではなかなか経験できないような極寒です。

氷点下20度以下にもなるイエローナイフでのオーロラ鑑賞となると、アウターウェアだけではなく、アンダーウェア(下着)やミドルウェア(中間着)にも気を配る必要があります。

もちろん、ニット帽や手袋、ネックウォーマーなどは言うまでもなく必需品です。

また、カナダのオーロラツアーでは服装のレンタルもあるようですので要チェックですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またお会いしましょう。

 

関連記事:【モンベルのアンダーウェア】ジオラインとメリノウールどちらが暖かい?

この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アウトドアかわら版 , 2019 All Rights Reserved.