登山やキャンプに関する情報をお届けします♪

【モンベル】ダウンとエクセロフト暖かいのはどっち?メリットとデメリットは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

出典:モンベルHP

こんにちは!キーボーです。

 

寝袋やジャケットに封入されている中綿。

アウトドアメーカーであるモンベルには2種類の中綿があります。

ダウン(羽毛)エクセロフト(化繊綿)です。

ダウンとエクセロフトだとどちらを選んだらいいのかよくわかりませんね。

また、同じ中綿ですが、特徴も少し違うのです。

今回は、ダウン、エクセロフトのメリットやデメリット、おすすめの用途をご紹介します♪

ダウンのメリット

一般的にダウン(羽毛)を使用したアイテムは保温性が高く、軽量でコンパクトになります。

ダウンには「FP(フィルパワー)」という単位で表す品質があり、高品質になる程、少量でも保温性が高くなります。

ただし、品質を落としても、その分、量が多ければ保温性は高くなります。

関連記事:モンベルのおすすめダウンジャケットは?フィルパワーって何?

ダウンのデメリット

ダウンは湿気に弱く、雨や雪などで濡らしてしまうと、保温性が無くなります。

メンテナンスもダウン専用の洗剤で洗濯する必要があります。

コスト的に高価になります。

関連記事:モンベルのダウンクリーナーでダウンジャケットを洗濯!仕上がりは?

エクセロフトのメリット

保水しにくい素材ですので湿気や水濡れでも、保温性が低下しにくいです。

スノースポーツや登山などのように発汗を伴うシチュエーションでの使用はエクセロフトを使用したジャケットなどがいいですね。

モンベルのアルパイン系のジャケットにはエクセロフトを使用したものが多くあります。

メンテナンス(洗濯)も楽です。

コストパフォーマンスが高いのも特徴です。

モンベルの寝袋だと、ダウンはエクセロフトに比べ2倍近い値段差があります。

エクセロフトのデメリット

ダウンに比べ、重量増になり、コンパクト性に欠けます。

特に、寝袋では保温性が高くするほど、重量も重たくなりますし、コンパクト性は無くなり、正直デカイですw

ダウンとエクセロフトどちらがいいの?

ダウンとエクセロフト、結局どちらがいいの?と思う方も多いと言います。

両者とも、それぞれメリットデメリットがあるので、どちらがいいというのは、それを使う状況によります。

 

例えば、登山のテント泊で使用する寝袋の場合、少しでも軽量コンパクトを求めるのであればダウンがいいですね。

また、バイクでツーリングや車中泊なのでは、さほど軽量コンパクト性が求められないので、エクセロフトでもいいのかなと思います。

登山の行動中に中間着として着用するならエクセロフト、テント内や山小屋での着用ならダウンがいいですね。

 

暖かさを比較した場合、同じ量ではダウンの方が保温性は高いですが、量(重量)を増やすいことでエクセロフトでもダウンと同等の保温性は得られます。

関連記事:モンベルの寝袋(シュラフ)を選ぶポイントは?ダウンと化繊はどちらがいいの?

最後に

今回はモンベルのアイテムで使用されている中綿のダウンとエクセロフトについてご紹介しました。

ダウンとエクセロフトには、それぞれメリットデメリットがあります。

それぞれの使い方や用途にあったアイテム選びをやっていきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またお会いしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アウトドアかわら版 , 2019 All Rights Reserved.