登山やキャンプに関する情報をお届けします♪

【モンベル】ピークドライシェルは最強のレインウェア?おすすめポイントや使用時の注意点を解説

2019/04/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

こんにちは!キーボーです。

 

2019年春夏の新商品として加わることになったピークドライシェル。

ゴアテックスを採用したレインウェアなのですが、今までのゴアテックス製品とは若干違う雰囲気を醸し出しています。

今回は、新しく登場した、モンベルのレインウエア「ピークドライシェル」ごご紹介します♪

ゴアテックス シェイクドライ採用

ピークドライシェルはゴアテックス(GORE-TEX)のシェイクドライを採用したレインウェアです。

ゴアテックスのシェイクドライとはどのような特徴があるのでしょうか。

 

シェイクドライの特徴

ゴアテックスを採用したレインウェアは3レイヤー(3枚構造)か2レイヤー(2枚構造でメッシュの裏地付き)が一般的です。

3レイヤーとは、一見すると1枚地に見えますが、実は表地と裏地、その間にゴアテックス メンブレンを挟み込んだ3枚構造になっています。

2レイヤーは表地とゴアテックス メンブレンの2枚構造に、直接メンブレンが肌に触れないようにメッシュなどの裏地が施されている構造をいいます。

要するに、ゴアテックス メンブレンは直接触れないよう保護されている作りになっているのです。

このように、メンブレンに表地を貼り付けることで、透湿性も低下しますし、レインウェア本体の重量増にもなります。

 

この問題を解決したのが、ゴアテックス シェイクドライです。

出典:モンベルHP

表地にゴアテックス メンブレンそのものを採用したのです。

表地がない分、透湿性が向上し、レインウェアの軽量化にも繋がっています。

また、ゴアテックス メンブレンは恒久的な撥水性があり、水が染み込まないので、冷え防止にもなりますし、濡れて重くなることもありません。

出典:モンベルHP

Sponsored Link

ピークドライシェルの特徴

出典:モンベルHP

ピークドライシェル 価格 ¥22,800+税

平均重量:185g

 

ゴアテックス ドライシェルを採用したピークドライシェルの特徴はその優れた透湿性にあります。

下表はモンベルの代表するレインウェアと透湿性を比較したものです。

耐水圧は3点とも50,000mm以上で同じです。

ピークドライシェル トレントフライヤー ストームクルーザー
透湿性 80,000g/m²・24hrs 44,000g/m²・24hrs 35,000g/m²・24hrs

引用:モンベルHP

ピークドライシェルの透湿性の良さがズバ抜けていますね。

それだけ蒸れにくいということを表しています。

 

ピークドライシェルの着心地

ピークドライシェルの素材感は柔らかく、パリッとしたレインウェアの印象はありません。

裏地にはゴアテックス プロシェルでお馴染みのマイクログリッドバッカーテクノロジーを採用し、腕通りの良さを実現してます。

軽装備の登山はもちろん、動きやすいのでランニングなどにも最適でしょう。

 

ピークドライシェルの使用上の注意点

表地にゴアテックスのメンブレンがそのまま使われているため、生地の破損には注意が必要となります。

重いリュックのショルダーベルトによる強い摩擦は生地の破損を招く恐れがあります。

また、草木などにも当たらないよう注意しましょう。

 

最後に

今回は、モンベルのレインウェア「ピークドライシェル」をご紹介しました。

耐水性はもちろん、透湿性も群を抜いて優れており、まさに最強のレインウェアと言えるでしょう。

また、軽量ですので、ランニングなどに最適な一品です。

しかし、表地にゴアテックス メンブレンがそのまま(むき出しで)使われているので、使用時は注意が必要です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またお会いしましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アウトドアかわら版 , 2019 All Rights Reserved.