登山やキャンプに関する情報をお届けします♪

ゴアテックスの帽子(キャップ)は普段使いできる?間違った被り方も解説!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

こんにちは!キーボーです。

 

ゴアテックスの帽子ってご存知ですか?

いわゆるレインキャップといわれるものですが、やっぱり雨の日専用イメージがあります。

しかし、デザインでオシャレなものもあるので普段でも被りたいって方も多いはず。

 

今回は、ゴアテックスの帽子を普段でも被れるかを検証しました。

ゴアテックスの帽子を被ってみた感想

ゴアテックスとは防水性、透湿性、防風性が備わった素材で、主にレインウェアや登山靴に使用されています。

登山用としてレインキャップやレインハットはあるのですが、デザインがオシャレなものもあり、普段から使いたいぐらいです。

そこでデザインが気に入って衝動で買ってしまったゴアテックスの帽子(キャップ)を登山以外の使い方をしてみました。

普段使いで被る

ゴアテックスの帽子は雨の日以外でも使えるでしょうか。

ゴアテックスの帽子も見た目がオシャレなものが多くありますね。

普段でも使いたいぐらいです。

しかし、ゴアテックスの特性を知らずに被っていると、快適性が損なわれることがあります。

 

ゴアテックスには通気性(風を通さない)がないので、帽子の下は熱で籠りやすくなります。

ですので、夏の炎天下では、ゴアテックスの帽子をかぶるのはあまりおすすめ出来ません。

 

もし、ゴアテックスの帽子を被るのなら、帽子の下が熱で籠りにくい寒い時期がいいでしょう。

Sponsored Link

自転車に乗るときに被る

肌寒い時期に自転車に乗る時、何か頭に被りたいところですね。

そこでゴアテックスの帽子を被って自転車に乗ってみました。

 

ゴアテックスは防風性があるので冷気をシャットアウトが目的です。

確かに、帽子のお陰で頭は寒くなかったです。

ただ、頭が湿気で籠りやすい印象があります。

湿気と言うよりも汗で濡れると言いた方がいいかもしれません。

ゴアテックスには、防水性(水分を通さない)があるため、汗を乾かさないと頭や額は濡れたままです。

通気性の良いコットン製や吸収性に優れた化繊の帽子ならこんなことにはならなかったでしょう。

 

ゴアテックスの透湿性(湿気を逃がす)を生かすには、汗を素早く乾かす必要があります。

理想はゴアテックスの帽子の下に、吸水速乾に優れたインナーキャップを被れば快適性は向上するでしょう。

 

散歩で被る

寒い季節の散歩なら使えますね。

ただし、先ほども解説したように、ゴアテックスは防水ですので、汗をかくと帽子の下は濡れたままです。

ウォーキング程度の運動量なら、ランニング用のキャップなどがいいですね。

汗をかかない程度に散歩をするなら問題なく使えるでしょう。

 

最後に

今回はゴアテックスの帽子(キャップ)は雨の日以外の普段でも被れるかを検証しました。

ゴアテックスは防水性があるため、素材の特性上、水分を吸収しません。

発汗が多いアクティビティで使用すると、汗でビチョビチョになる可能性が高いでしょう。

どうしても、そうのような場面で使用するのなら、汗を吸ってくれるインナーキャップを被ることをおすすめします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またお会いしましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アウトドアかわら版 , 2019 All Rights Reserved.