登山やキャンプに関する情報をお届けします♪

テント泊の必需品!ジェットボイルをおすすめするポイントと注意点は?

2018/11/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

こんにちは!キーボーです。

 

今年はテント泊にチャレンジしてみたいというあなた!

使ってみたいアイテムのひとつがバーナーではないでしょうか。

大自然の中で自らお湯を沸かして作る目覚めのコーヒーは格別ですよね♪

今回は、初めてのバーナーとしておすすめの「ジェットボイル(JETBOIL)」を紹介します。

Sponsored Link

おすすめのポイント

ここではジェットボイルをおすすめする3つのポイントを紹介します。

優れた収納性

当たり前のことですがバーナーだけではお湯を沸かすことはできません。

この他に、クッカー(コッヘル)類やガスカートリッジを使用します。

これらをひとつにまとめる事が出来るのがジェットボイルです。

ジェットボイルは専用のクッカーにバーナー、ガスカートリッジ、スタビライザー、ゴトクが収納でき、コンパクトになります。

低燃費

クッカーについているフィンが熱伝導の効率を良くし、素早く沸騰し、しかも低燃費(省エネ)です。

使用環境にもよりますが500mlの水を約2分30秒で沸騰させます。

出典:モンベルHP

デザインの良さ

一般的なクッカーは黒色かねずみ色でデザイン的にはシンプル(?)なものが多い中、ジェットボイルのクッカーはデザインが豊富なネオプレンゴム製のカバーが付いています。

別売りですがカラフルなカバーを選ぶこともできます。

おしゃれな山ガールには嬉しいですね♪

出典:モンベルHP

このカバーは断熱性があり、クッカーを素手で持つことができます。

またカバーには沸騰したことが目でわかる窓が付いています。

沸騰すると窓がオレンジ色に変わります。

Sponsored Link

使用上の注意点

私が使用している「ジェットボイルPCS FLASH」の個人的な感想です。

調理が困難?

まずは調理がしにくいことです。

クッカーとバーナーが接続されているため、火からバーナーを離すことができません。

私の場合、ジェットボイルでは調理はしません。

お湯沸かし専用です。

ガスカートリッジが入手困難

当然のことですがジェットボイルの専用のガスカートリッジをします。

しかし、取り扱いがモンベルの直営店か一部のアウトドアショップしかありません。

ホームセンターでは売っていないかも。

ゴトクはおまけ?

ジェットボイルは付属のゴトクを使用することで別売りのクッカーを使用することができます。

ただ、もともとパワーのないジェットボイルですのでお湯を沸かすのにかなりの時間がかかります。

やはり専用のクッカーを使用した方がいいですね。

使用中の失敗例

キャンプで枝豆を湯がいたのですが、見事に噴きこぼれました^^;

枝豆入れ過ぎ・・・

でもちゃんと湯がけて、美味しかったです^^

この他にラーメンも噴きこぼしたことがあります。

後で知ったのですが、噴きこぼれを防止するため、「ゆでる」調理をする場合は蓋はしないことです。

最後に

キャンプやテント泊で必要になるバーナー。

今回はジェットボイルを紹介しましたがいかがでしかたか?

アウトドアシーンで食べるカップラーメンや目覚めの熱いコーヒーは格別です。

アウトドアをより楽しくするアイテムとしておひとついかがですか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またお会いしましょう。

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アウトドアかわら版 , 2017 All Rights Reserved.