登山やキャンプに関する情報をお届けします♪

【百名山】剣山登山の5月・6月の装備や服装について解説|リフトを使わないルートも紹介

 
この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

こんにちは!キーボーです。

 

剣山は石鎚山につぐ西日本第2の高峰です。

百名山でもある剣山は、山岳信仰の山として栄えた霊峰です。

山頂付近には高い樹々がなく広くなだらかな草原で、360度の視界がひらけます。

こちらの記事では、初夏の剣山登山の装備や服装について解説します。

剣山登山の魅力

*剣山から見た次郎笈

四国山地東部に位置する剣山は、石鎚山につぐの西日本第2の高峰(1955m)です。

百名山の一つである剣山は、別名太郎笈と呼ばれ、東南側の次郎笈と対峙してます。

四季折々の景色が楽しめ、多くの登山客や観光客で賑わいます。

剣山登山は、リフトを利用することでお手軽に山頂に立つことができます。

 

見ノ越から剣山(リフトを使う)

見ノ越駅(1420m)からから西島駅(1750m)までのリフトを利用すれば、お手軽に剣山の山頂を目指すことができます。

所要時間は15分。

西島駅から頂上まではおよそ40分です。

登山初心者の方でも比較的登りやすいでしょう。

 

見ノ越から西島(リフトを使わない)

リフトを利用しない場合、見ノ越の駐車場少し手前の剣神社の登山口から西島を目指します。

登山口から西島までのコースタイムは約50分です。

 

5月・6月の剣山登山の装備

日帰りで楽しめる石鎚山ですが、靴やリュックは登山用を選びましょう。

リフトを利用すれば比較的軽装で山頂まで登ることができます。

 

おすすめの登山靴

比較的軽装備で登れる剣山はミドルカットブーツがおすすめです。

 

MERRELL(メレル)MOAB 2 MID FORE-TEX(モアブ 2 ミッド ゴアテックス)

柔らかく快適な履き心地と頑強さから、軽装備の日帰り登山におすすめの一足です。

おすすめのリュック(ザック)

軽装備の登山や日帰り登山ならリュックの容量は20〜30リットルまでが使いやすいでしょう。

 

GREGORY(グレゴリー) ターフ25

収納ポケットも多く、使い勝手のいいリュックです。

急な雨でも対応できるレインカバーが標準装備されているのも嬉しいポイントです。

5月・6月の剣山登山の服装

天候によって気温の差が激しいこの季節。

あらゆる天候、気温に対応できる服装が必要となります。

また、山頂や休憩中の汗冷え対策として防寒着を持参しましょう。

 

レインウェア

雨天時は持ちろん、ウインドブレーカーとして使用できるレインウェア。

登山には必ず持参するアイテムです。

レインウェアは登山の時だけでは無く、通勤や通学、普段使いにも重宝するアイテムです。

 

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス) RAINTEX Cloud(レインテックスクラウド)Men’s

ゴアテックス パックライトシェルを使用した軽量レインウェアです。

ザ・ノースフェイスのレインウェアは、普段着のジャケットとしても使え、人気が高いアイテムです。

 

上着

吸水速乾に優れ、気温の変化に対応しやすい上着がおすすめです。

 

finetrack(ファイントラック)ラミースピンドライ ジップネック Men’s

吸水速乾に優れた化学繊維に、天然ラミー(苧麻)の清々しいドライ感がプラスされた、ハイブリッドな上着です。

紫外線カットはもちろん、抗菌防臭加工も施されています。

パンツ

綿パンやジーンズは登山には不向きです。

化学繊維を用いたストレッチ性が良いパンツを選びましょう。

 

finetrack(ファイントラック)カミノパンツ Men’s

春から秋を中心として3シーズン用の本格的な山岳パンツです。

ストレッチ性と耐久性に優れ、あらゆるアウトドアシーンで活躍するでしょう。

防寒着

夏の登山であっても、標高や気候により、防寒着が必要なシーンがあります。

山頂や休憩中の汗冷え対策として防寒着は持参しましょう。

 

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス) MAOUTAIN VERSA MICRO JACKET(マウンテン バーサマイクロ ジャケット)Men’s

軽量で保温性に優れたマイクロフリース素材のジャケットです。

登山やキャンプの防寒着、肌寒い季節の普段着として幅広く使うことができます。

一着あれば何かと重宝します♪

最後に

今回は、初夏の剣山登山について解説しました。

剣山はリフトを利用すれば容易に山頂に立つことができますが、服装や装備については登山で使うものを使用しましょう。

また、5月・6月は天候の変化により、気温の寒暖が大きくなる時期ですので、防寒対策も忘れずに。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またお会いしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アウトドアかわら版 , 2019 All Rights Reserved.