登山やキャンプに関する情報をお届けします♪

【六甲全山縦走2019】全縦走・半縦走の距離やコースタイムは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

こんにちは!キーボーです。

 

神戸市主催の登山イベント「六甲全山縦走大会」が2019年11月10日、23日に開催されます。

昨年と同様に、全縦走と半縦走のコース設定があります。

こちらの記事では、六甲全山縦走大会における、全縦走ならびに半縦走の距離やコースタイムについて解説をします。

六甲全山縦走大会とは?

六甲全山縦走大会とは神戸市が主催する、兵庫県の六甲山で開催される登山イベント。

神戸市の須磨浦公園から、宝塚までの東西に伸びる六甲山系を縦走します。

自らの責任のもと、体力と精神力を鍛え、目的を達成する喜びを味わえるのが六甲全山縦走大会です。

全縦走・半縦走の距離は?

全縦走(須磨浦公園〜宝塚)の距離が公称56km。

半縦走(須磨浦公園〜新神戸)の距離がおよそ24km。

 

全縦走・半縦走のコースタイムは?

全縦走のコースタイム

私が六甲全山縦走大会に参加した時のタイムはおよそ13時間でした。

須磨浦公園を7時前に出発して宝塚が20時を過ぎていました。

 

縦走コースには大会の参加者の他、一般の登山客も大勢おられます。

登山道はしばしば渋滞も発生し、ペースが変化します。

渋滞等がなければもう少しタイムは早くなるかもしれません。

半縦走のコースタイム

半縦走のコースタイムはおよそ8時間と考えます。

今回のコースのチェックポイントの時刻は、

須磨浦公園スタートが7:00〜8:30

新神戸ゴールが14:00〜17:30

となっています。

仮に、7:00にスタートした場合、17:30までにゴールをすればいいので、制限タイムは10時間30分あります。

なお、8:30にスタートした場合は、制限タイムは9時間となります。

最後に

今回は六甲全山縦走の全縦走、半縦走の距離やコースタイムについて解説をしました。

歩く距離、時間ともに長いので、予定通りにゴールできるとは限りません。

時間に余裕を持ってチャレンジしましょう♪

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またお会いしましょう。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アウトドアかわら版 , 2019 All Rights Reserved.