登山やキャンプに関する情報をお届けします♪

【登山用品】レインウェアとウインドブレーカーの違いは?防水と撥水の違いについても解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

こんにちは!キーボーです。

 

登山用品でレインウェアとウインドブレーカーがあります。

どちらも、風除けの役割があるほか、表地はには撥水加工が施されています。

じゃあ、登山ではどちらを着てもいいのかというと、そうでもないのです。

こちらの記事では、レインウェアとウインドブレーカーのそれぞれの特徴や使い方について解説します。

レインウェアとウインドブレーカーの違いは?

レインウェアとは

レインウェアとは防水性のあるジャッケット、パンツを言います。

カッパ(雨具)と言った方が馴染みがありますね。

レインウェアに使われている素材は水を通さず、縫製も縫い目には水の侵入を防ぐ処置が施されています。

防水の素材としてGORE-TEX(ゴアテックス)が有名です。

レインウェアの構造は防水素材のゴアテックスメンブレンに表地と裏地を張り合わせた3枚構造(3レイヤー)が一般的です。

 

レインウェアの特徴には、防水性の他に、透湿性防風性があります。

 

透湿性とは、「湿気を逃がす機能」を言います。

レインウェアの素材には、水は通さないのですが、水蒸気は通す小さな穴が無数にあり、ウェア内にこもった湿気を外に放出してくれます。

 

防風性とは「風を通さない機能」を言います。

風を通さないので、汗冷えなどの防寒対策になります。

ウインドブレーカーとは

ウインドブレーカーとは風を通さない衣類を言います。

レインウェアとは違い、防水性や透湿性はありません。

一般的なウインドブレーカーには撥水加工が施されていますので、小雨程度なら使用は可能ですが、雨具としては使用できませんので注意しましょう。

防水と撥水の違いは?

意味が混同しそうなのが防水性撥水性です。

 

防水性とは生地そのものが水を通しません。

生地に損傷がない限り、防水性が悪くなることはないでしょう。

 

撥水性とは生地表面に水が弾くようにコーテイングしていることを言います。

撥水加工と言った方が分かりやすいかもしれません。

撥水性は使用頻度や使用年数などで弱まってきます。

弱くなった撥水性は撥水スプレーなどで、復活することができます。

 

余談ですが、防水スプレーというものがありますが、スプレーをするから防水になるわけではなく、表面に撥水加工を施した、と思っていただいた方がいいと思います。

レインウェアはウインドブレーカーと兼用

登山装備において、レインウェアは必需品です。

雨はもちろん、風も防いでくれますし、防寒にもなります。

要するに、レインウェアはウインドブレーカーとしても使えるのです

 

ウインドブレーカーは軽量コンパクトになるものが多く、リュックに入れておいても場所をとりません。

サッと着て、サッと脱げるところがいいところですよね。

天候が安定し、雨の心配がない、低山ハイキングでしたらウインドブレーカーでもいいでしょう。

 

しかし、山の天候は天気予報通りにならない事も多く、急な雨にも遭遇する事もしばしば。

やはり、登山ではレインウェアの方が安心です。

今では、ウインドブレーカー?と思えるほど、軽量なレインウェアもあります。

 

関連記事:【モンベル・レインウェア】ストームクルーザーとトレントフライヤーどちらを選ぶ?

最後に

今回はレインウェアとウインドブレーカーの違いについて解説しました。

レインウェアには防水性のほか、透湿性や防風性があります。

湿度の高い日本の夏山登山にはやはりレインウェアですね。

軽量コンパクト性に優れるウインドブレーカーは、天候が安定した日のハイキングやランニング、普段使いや旅行などが最適ですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またお会いしましょう。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
登山やキャンプなどアウトドアが好きなキーボーです。 日帰り登山やテント泊、ワンコと一緒のキャンプ、自転車、スノーシューなどをやっています。 気になるアウトドア情報をお届けします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アウトドアかわら版 , 2019 All Rights Reserved.